リフォーム実例
セカンドライフ「家族が集う家」。築約50年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、収納、和室、外まわり、廊下・階段・玄関、水まわりをリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

セカンドライフ「家族が集う家」

ここがPoint!絵や賞状を飾るピクチャーレールを取り付けました。

コンセプト:店舗だったスペースを、快適な暮らしの空間に
店舗スペースは一段下がった状態でしたので、まずは「段差の解消」が一番の課題でした。店舗入口を玄関に変えて、緩やかな階段を上った先に、お施主様が長年思い描いていた「和の空間」を作りました。
近くにお住まいのご家族もよく遊びにいらっしゃるので、和室は「家族が集まる、くつろげる空間」を目指しました。畳スペースに新規の掘りごたつも造作され、ご家族の皆様が団らんする様子が目に浮かびます。
ここがPoint!
  • 玄関と和室の間のFIX窓やキッチンダイニングの入り口の格子扉で空間につながりをもたせました。
  • 壁の一部をオープン棚にして、電話などの定位置に。

壁付けの収納で、床面積を広げ、ゆとりある空間に
キッチンとダイニングは、空間を最大限広く使うために、食器棚などを床に置かないプランとなりました。造作の収納を壁付けにし、一部のオープン棚が電話などの定位置になりました。
  • ここがPoint!出入り口だったドアをアレンジして窓にしました。
  • ここがPoint!壁に姿見の鏡やコート掛けを取り付けています。
玄関は、気持ちもウキウキするような、大きい柄のクロスをアクセントに貼りました。
光が入る、明るい玄関
店舗だった名残りを残した入り口は、玄関に変わりました。引き戸にする事で、敷地いっぱいに立てた建物への出入りも安心です。パンチングパネルをはめ込まれた玄関ドアから光を通し、明るい多機能な空間になりました。

リフォームのきっかけ


施工前

年齢を節目にご商売を引退され店舗スペースを、安らぎの空間へとリフォームしました

建物種別 戸建て
築年数 約50年
工期 1ヶ月半

施工中の様子


施工中

手前の店舗部分から、奥の住宅部分まで、徐々に解体していく最中です。

担当者の声

お施主様が「くつろげる和室」を一番にご希望されてましたので、家族の団らんを想い浮かべながら空間を作りました。長年働きづめでしたので、これからは新しい住まいで、ゆっくり暮らしを謳歌して下さい。

成増店の詳細はこちら