スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHI高崎店の日誌「ママもらくらく、コンロを使った簡単メニューでパーティー気分なおうちごはん」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

ママもらくらく、コンロを使った簡単メニューでパーティー気分なおうちごはん

  • Stay Home Love home
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 子育て
  • 2020.09.18
  • 高崎店

20200919photo02

こんにちは。リフォームのTAKEUCHIです。
朝晩がだいぶ涼しくなってきて、秋の気配を感じるこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は「食欲の秋」にちなんで、食事に関することをお話したいと思います。
我が家は夫と子ども二人の4人家族なのですが、週末は家族で好きなものを食べに外へでかけることが多い生活を楽しんでいます。行きつけのイタリア料理店で、おいしいものを食べながら、今週1週間にあった出来事を家族で話す時間がお気に入りのひと時です。

しかし、緊急事態宣言中のステイホーム期間は食事をするため外出することも難しいので、自宅での「おうちごはん」を楽しむことに気持ちを切り替えて、たくさん料理を楽しむことにしました。とはいえ、私も働くママなので、手の込んだ料理をするのはなかなかハードルが高いのが正直なところです。結局、手っ取り早く作れるパスタやカレーのような「家庭料理」のレパートリーをルーティーンのように繰り返し作る毎日になってしまうんですよね。私が作る家庭料理は、家族にとっては食べなれた味なこともあり、おいしいと食べてくれるのですが、「特別感」がなかなかでないのが悩みの種。とはいえ、手の込んだ料理を作るのには労力がかかります・・・。

そんなとき我が家ではちょっと特別なガスコンロが活躍します!
我が家は3年前にノーリツ社製の「プログレ」というガスコンロを購入しました。このコンロは魚焼きといわれるグリルの部分をオーブンとして利用できる機能のある「マルチグリル搭載」のコンロで、マルチグリルを使って「簡単おもてなし料理」ができるのでご紹介します。

20200919photo05出典:ノーリツ ビルトインコンロ「プログレ」

今回は、食卓に「特別感」を出すために行きつけのイタリア料理店で食べていた「アクアパッツア」(魚を使った郷土料理)を作ってみよう!ということで、ステイホーム期間中に作ってみました。
魚の下処理を済ませたら、キャセロールという蓋付きのお鍋のような容器に投入し、材料と調味料を入れ、アルミ箔で落とし蓋をして、そのままキャセロールの蓋をしてグリル部分へ投入します。

20200919photo01

あとは「煮る」モードで20分、コンロ自体の制御でお任せできるので、放っておくだけでOKです。(20分あれば、キッチンでサラダやパスタも作れますよね。)出来上がったらコンロが音声でお知らせしてくれますので、キャセロールごと食卓へならべて食事の完成です。

地元野菜のおいしいサラダと、パスタ、アクアパッツア、そして我が家の菜園で取れたミントの葉を入れたモヒートを添えて、我が家の「おもてなしごはん」の完成です。

魚の煮物全般は温度管理などが難しく、煮崩れを起こすのでハードルが高いメニューでしたが、マルチグリルを使うと実は「簡単なおもてなしごはん」ができるので、働く女性には特におすすめです。

今回は私が使っているコンロでの実際の体験をお話させていただきましたが、TAKEUCHIには他にもいろいろな機能などがついたコンロのご提案も可能です。ステイホーム期間の「おうちごはん」のグレードアップにつながりますので、ぜひスタッフへご相談ください。

20200521ill02