スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHI南浦和店の日誌「採風ドアと鍵の交換で冬の換気効率と利便性をアップ 」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

採風ドアと鍵の交換で冬の換気効率と利便性をアップ 

  • Stay Home Love home
  • エクステリア
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 2020.11.19
  • 南浦和店

20201118photo06出典:LXIL「リシェント玄関ドア3」

こんにちは、リフォームのTAKEUCHIです。日増しに寒さが身にしみるようになりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

寒くなってくると窓を開ける機会が減り、室内の換気を怠りがちになります。しかし今年は、新型コロナウイルスのみならず、インフルエンザの流行にも注意して、冬でも換気を行う必要があります。換気の効果には、ウイルス除去だけでなく、カビの原因となる結露の防止や、新鮮な空気でリフレッシュできることでの健康増進などがあげられます。

しかし寒い冬に窓や扉を長時間開けておくと室温が低下し、体調を崩す要因にもなりかねません。そのため1時間に5〜10分程度の短い時間で換気効率をあげることがポイントとなります。換気効率をあげるためには、『対角線に2方向の窓を開けること』が重要です。

窓を1カ所だけ開けるのと、2カ所の窓を開けの流れを作るのとでは、換気効果は10倍の差があるそうです。風の入口と出口を設けることで空気の通り道が生まれ、より効率的に換気できます。参照:YKKAP「窓がポイント! 住まいのじょうずな換気方法」

20201118photo05
また窓だけでなく、玄関ドアも活用しての換気も考えてみてはいかがでしょうか?
玄関ドアは、毎日人が出入りする箇所であり、空気の通り道として重要な箇所になります。また靴や雨具を置く場所であるため、においやカビが発生しやすい場所でもあるのですが、換気をすることでそうした問題をを軽減することができます。
しかし、玄関は防犯上の問題から開けっ放しにするわけにもいかず。なかなか難しいですよね。そんな困りごとを解消してくれるのが採風機能をもつ玄関扉「採風ドア」です。

20201118photo04当社リフォーム実例

採風ドアとは、通常の玄関に網戸を貼った窓が設けられており、玄関の鍵を閉めたまま換気ができる製品です。窓部分から、家に入られてしまうのでは…といった心配に対しても、侵入防止に有効なサイズになっているためご安心ください。また防犯性だけでなく、虫の侵入も防ぎますので、通年を通して活躍します。
工事も簡単で、既存の扉枠を壊すことなく、交換・設置ができます。場所の条件にもよりますが、1日=ワンデーリフォームで工事は完了です。

また、玄関ドアの交換と一緒に鍵の交換もおすすめです。

20201118photo02出典:LIXIL「CAZAS+カザスプラス」

最新のキーシステムは、鍵を携帯していれば、施錠も開錠もボタンを指でタッチするだけでできます。また、リモコンやカードキー以外にも、自身のスマートフォンをかざすだけで開錠も可能です。重い荷物を持ちながら鍵を取り出す必要がなく、とってもラクになりますね。

玄関ドアを一新して、コロナ対策とともに、利便性もアップしてみてはいかがいでしょうか?

20201014ill02