スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHI成増店の日誌「オーダーの壁面収納で、家族で寛ぐ空間をすっきり快適に」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

オーダーの壁面収納で、家族で寛ぐ空間をすっきり快適に

  • Stay Home Love home
  • インテリア
  • デザイン
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 子育て
  • 建築
  • 施工
  • 2021.11.24
  • 成増店

20211123photo00当社リフォーム実例:事前に収納する予定の物を細かく決めてオーダーした壁面収納。施主様が大切にされているスピーカー等のオーディオ機器もぴったり収まりました。

年末年始は家族が集まる機会も多くなる季節、できればすっきり片付いたお部屋でのんびりと寛ぎたいですよね。そこで今日は、壁面収納についてお届けしたいと思います。壁面収納は大容量のものをしまうことができるほか、地震大国といわれる日本で、転倒の心配がないという点でも、大変おすすめな収納アイディアです。スペースに合わせてオーダーできるため壁にしっかり固定でき、また地震の揺れを感知して引き出しや扉のロックをしてくれる「耐震ラッチ」の働きで、収納物の飛び出しや落下も防ぐこともできます。

20211123photo09YKK AP「耐震ラッチ」 めざそう災害に強い家 耐震対策

まず壁面収納の設置場所として考えたいのはリビングです。家族団らんのスペースであるリビングは、家族が日頃よく使うもので溢れがちですよね。ダイニングテーブルの上には文房具や書類、また小さいお子様がいるご家庭なら、おもちゃや絵本などが散らかっている…など。そのような場合はテレビボードを壁面収納に変えてみてはいかがでしょうか。
壁面収納をプランする際には予め収納するものをリストアップし、その物の数量やサイズを確認しておくことが大切です。細々とした小物は引き出しに、録画機器ならテレビ下の下開き扉に、あまり使わないものは天井に近い上部になど、何をどこにどれくらいの量を収納するのかによって、設置サイズも扉の割り付けも変わってきます。

20211123photo03当社リフォーム実例:空間の幅に合わせてオーダーした壁面収納。ガラス扉の部分に照明を入れて、ご趣味の手芸作品を飾れるようにしました。

見せる収納にしたい場合は、ガラスや樹脂などの透過性のある素材を用いた扉材を選べば、お気に入りの小物などを収納しつつ、見て楽しむこともできます。季節を感じるものや、家族のコレクションのスペースにするのもいいですね。何をどのように飾りたいのかをイメージして、組み合わせを検討することが上手くいくコツです。
このように予め計画的にプランをすることで、リフォーム後の空間がスッキリ整い、もしもの地震の際にも避難経路の妨げになることも回避できます。

20211123photo07出典:ダイケン「スタイリッシュファニチャー MiSEL」

壁面収納の中に入れるものとして、まずおすすめしたいのが掃除用具の収納場所です。
家族が集まるLDKは何かと散らかりやすく、掃除機やハンディモップがリビングにあれば使いたい時にサッと取り出すことができてとても便利です。縦に長い収納スペースを設ければ、掃除機を収納する場所としても使えますし、ハンディクリーナーやロボット掃除機も隠しながらスッキリ収納、というようなオーダーもできます。

20211123photo08出典:ダイケン「MiSELで見つける理想の暮らし」

壁面収納を検討されるのでしたら、ワークスペースもぜひご検討ください。
写真のように、壁面収納の扉の1つがデスクになり、ワークスペースとして活用するという方法もあります。小さなスペースですが、ワークスペースも以外にも読書をしたり一息休憩をしたり、自分だけの空間が持てるのも魅力です。格納式なら使わないときは収納しておくこともできるので、見た目もスッキリしています。このように壁面収納は収納の確保だけの役割りではなく、空間の整理整頓や安全性にもつながります。

20211123photo01当社リフォーム実例:キッチンと同じ扉材の壁面収納を作り、調理グッズや食器もすべて納まりました。

次はキッチンスペースの壁面収納をご紹介します。
壁面収納は空間に合わせて高さや奥行きをオーダーすることができるので、I型、L型などキッチンの形に合わせて、使いやすい収納をつくることができます。また高さのある収納棚でも転倒の心配がないため、お気に入りの食器が落下し破損…なんてリスクも回避できますよね。
写真の実例のように、キッチンと同じ扉材でダイニングの壁面全体に収納を作り、統一感を持たせることも可能です。吊戸棚には耐震ラッチを取り付ければ、より安心です。せっかくのリフォームですから、空間のイメージに合わせてこのような壁面収納とキッチンを一緒にプランしてみてはいかがでしょうか。

一言で壁面収納といっても、収納するものにより様々なものがあります。床の色に合わせて扉の色や種類を選ぶこともできますし、設置場所の空間に合わせてオーダーすることも可能です。
もしもの時の不安を少しでも減らして、家族が安心して暮らしていける空間にしませんか?ぜひお気軽にご相談ください。

20201014ill02