スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHI千歳烏山店の日誌「「スマートホーム」で家事の時短と快適な住まい作りにつなげよう」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

「スマートホーム」で家事の時短と快適な住まい作りにつなげよう

  • Stay Home Love home
  • TAKEUCHI
  • インテリア
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 子育て
  • 施工
  • 2022.03.23
  • 千歳烏山店

20220322photoTOP3

皆様のご自宅ではお掃除ロボットを活用されていますか?ロボットが勝手に掃除をしてくれるなんて最初は疑心暗鬼でしたが、今や日常、掃除業界の常識になりつつありますよね。今の社会では、少しでも時短でラクしたいという願望のある私たちに向けて「自動化」の開発が進んでいます。今回はそのような「自動化」の技術を使った、いつもより少しだけ時短でラクができる製品をご紹介いたします。

「スマートホーム」という言葉をご存じでしょうか。カタカナばかりで聞きなれないですよね…。実はそのまま「賢い家」という意味です。また、「スマートホーム化された家」とはインターネットに接続できる家電がWi-Fiに接続され、アプリや音声で便利に操作できる環境が整った状態の家のことを指します。簡単に言うなら、「家電を遠隔操作できるようにして、時短でラクに生活ができる家」ということです。そんな家にするのは難しいのでは?と思うかもしれませんが、スマートフォンを持っていて、Wi-Fiが飛んでいる環境にお住まいなら、簡単にご自宅をスマートホーム化することができますのでご安心ください。

●スマートリモコン

20220322photo05

では早速、住まいの家電たちを賢くしていきましょう。
これから紹介するのはエアコン、テレビ、調光機能付きの照明などなど、赤外線のリモコンで動く家電が対象です。これらの家電をスマートフォンひとつで操作できるようにするのが「スマートリモコン」です。多すぎるリモコンが自分のスマートフォンの中に一つにまとまるので、恒例の「リモコン大捜索」をしなくても済みます。また、それらの家電を外出先から遠隔操作ができることも魅力の一つです。例えば暑い夏、家に着く前にエアコンをつけることで、到着してすぐに涼しい室内で過ごすことができます。また消し忘れた電気を消すことも可能なので、うっかり消し忘れて電気代が心配…なんていうことも無くなりますね。Panasonicのエアコン「エオリア」なら好きな場所で音声操作をできる便利な機能もあります。ぜひチェックしてみてください。

●スマートスピーカー

20220322photo06
リモコンがスマートフォンの中にまとまっただけ…だけでは物足りません。家の中で一歩も動かずに過ごす、それを実現するためのデバイスをご紹介いたします。その名も「スマートスピーカー」です。一般的なスピーカーと異なり、家電たちを声だけで操作するための、人工知能が搭載された多機能なスピーカーなのです。これを「スマートリモコン」と繋げると、「ダイニングの電気を消して」「暖房を26℃に設定して」「4チャンネルをつけて」などと話しかけるだけで家電の操作ができます。素敵すぎませんか?インターネット検索もできるLIXIL「ライフアシスト2:家中ラクラク操作」なら「今日の天気は?」「電車の時間は?」など、出かける前に話しかけると答えてくれる製品もあります。朝のルーティン動作も省けて忙しい時間帯にはとても便利な機能ですね。

●その他

20220322photo07

赤外線で稼働できない設備の操作も今では可能になってきています。例えば自動でカーテンを開閉できる「スマートカーテン」や、玄関のカギやドアを開閉できるLIXILの「電動オープナーシステムDOAC(ドアック)」、物理的にスイッチを押してくれる「指型ロボット」などです。夢の全自動化も遠くないかもしれませんね。

●リフォームでの活用

20220322photo01出典:TOTO「入浴後のお掃除は自動洗浄におまかせ」

リフォームでご提案する製品の中には、このような「スマートホーム」に対応しているものもございます。中でも私がおすすめしたいのは「お掃除浴槽」です。浴槽や洗い場を自動で掃除してくれる機能で、「お風呂を洗って」の一言で排水から洗浄、お湯張りまで全自動で行ってくれる優れものです。毎日湯船につかりたいけど掃除が面倒…、腰が痛くて掃除が大変という方には、まさに夢のような機能!ついに面倒なお風呂掃除をしなくても、温かいお風呂に浸かれる時代になりました。すばらしいですね。

家事を時短でラクに、生活をストレスなく快適にするために開発された技術を、使わない手はありません。少々ハードルが高く感じるかもしれませんが、この技術をぜひ有効に活用して、空いた時間は自分の自由な時間に使ってみてはいかがでしょうか?

20201014ill02