スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHIときわ台店の日誌「お部屋の雰囲気づくりに役立つ、間接照明のすすめ」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

お部屋の雰囲気づくりに役立つ、間接照明のすすめ

  • Stay Home Love home
  • TAKEUCHI
  • インテリア
  • デザイン
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 建築
  • 施工
  • 2022.05.19
  • ときわ台店

20220517photo00当社リフォーム実例:エコカラットタイルの石目調の素材感を活かすために間接照明を設置し、空間に奥行きや一体感が生まれました。

おしゃれなカフェやホテルを訪れた時、ホッとするような気持ちになる経験はありませんか?それらの空間に必ず共通しているものがあるのですが、何だと思いますか?題名を見て予想がついている方もいらっしゃると思います。そうです。間接照明です。間接照明は、お部屋の雰囲気づくりには欠かせない存在なのですが、一般住宅では注目される機会がまだまだ少ないのが現状のようです。実際、私の実家や私が住んでいる賃貸のマンションにも備え付けのものはありません。間接照明の柔らかい光がいいなぁと思っていても、種類や普段の生活に取り入れる方法など難しく感じる方も多いではないかと思います。そこで、今回はお部屋の雰囲気づくりにおいて重要な役割を果たす『間接照明』に焦点を当ててご紹介します。

1.照明の種類
まず、照明を取り付ける目的は大きく2種類あります。
1つ目はお部屋全体を照らすためです。この照明は「直接照明」といいます。手元などを明るい光で直接照らすため、リビングやオフィスの主照明に適しています。代表的なものとして、シーリングライトが挙げられます。
2つ目はお部屋の雰囲気づくりのためです。今回のテーマの「間接照明」の出番です。間接照明とは天井や壁を照らし、その反射光で空間や物を照らす照明のことを指します。対象物を直接照らすわけではないので、柔らかく、落ち着いた光になるのが特徴です。

2.間接照明の良さ

20220517photo01出典:Panasonic「LEDシーリングライトをお部屋から選ぶ」

次は、間接照明の良い部分や取り入れ方についてご紹介していきます。

●おしゃれな空間にしてくれる
間接照明はお部屋にメリハリを出すことが得意です。例えば、お部屋全体を照らすのではなく天井や壁の一部分を照らすと、上に広がりを感じて空間を広く見せることができます。ふんわりとしたムードのある光で照らしてくれるので、お部屋が洗練された印象になります。
●リラックス効果がある
柔らかい光の間接照明には、リラックス効果があります。寝る前にスマートフォンやテレビを見ていたことで目が冴えてしまい、眠れなくなってしまった経験はありませんか?人は強い光を浴びると交感神経が優位になり、脳が活動的な状態になります。しかし、間接照明の明るすぎない、柔らかく落ち着いた光であれば副交感神経が優位になるため、リラックスすることができます。間接照明にはこのような効果を期待することができます。

3.間接照明の作り方
●照明器具を見せる間接照明作り

20220517photo02出典:Panasonic「美ルック ブラケット」

大がかりな工事をせずにアクセント的に採り入れることのできる間接照明をご紹介します。空間がちょっと暗い…、簡単に設置しておしゃれな空間を演出したい、という場合は「ブラケットライト」などのスポット的な照明器具がおすすめです。簡単に取り付けることができますし、明るさや華やかさを演出することもできます。使用場所の例としてはリビング、子ども部屋、寝室、書斎、玄関、階段、廊下などです。壁面の強度の問題や配線等の工事が必要な場合もありますので、弊社プランナーまでお気軽にご相談ください。

●照明器具を見せない建築構造一体化間接照明作り

20220517photo04屋内用 建築化照明器具(ライン照明)シームレス建築化照明器具

リビングのテレビ周りや寝室、和室など、上質な空間を演出するには建築家照明がおすすめです。建築化照明とは光源を天井や壁などに組み込み、建築構造と一体化させた照明のことです。主に光を全部下方に出して、壁、カーテン、壁面を美しく表現する「コーニス照明」、窓の上部に遮光帯を取り付けて照明器具を隠した「バランス照明」などがあります。この方法は、器具が見えないように壁や天井の中に隠して設置するので、ラグジュアリーな雰囲気を出したいときに有効です。例えば、壁を照らすように設置すれば、おしゃれで近代的な雰囲気になりますし、小上がりの和室に足元を照らすように設置すれば、料亭のような高級感のある雰囲気を演出することができます。

間接照明のごく一部をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?上手に取り入れることができれば、お部屋のランクをグッと格上げすることができます。内装の張り替えやキッチンの取り替え等、リフォームされる際には間接照明を取り入れるチャンスです。日々の暮らしを彩る+αのリフォームをしてみませんか。

20201014ill02