スタッフ日誌
リフォームのTAKEUCHI南浦和店の日誌「外壁塗装は、乾燥シーズンの秋から冬がおすすめ」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。

外壁塗装は、乾燥シーズンの秋から冬がおすすめ

  • Stay Home Love home
  • エクステリア
  • プランニング
  • リフォーム・リノベーション
  • 建築
  • 施工
  • 2021.09.14
  • 南浦和店

20210914photo00当社リフォーム実例:断熱効果のある塗料を塗布しました。冬場の冷たい外気温や夏場の壁面温度の上昇の熱伝導を抑え、室内を快適に保ちます。

まだ少し夏の名残はありつつも、秋風の爽やかさを感じる気候になってきました。
これからの秋~冬シーズンにぜひ気に掛けていただきたいのがご自宅の外壁です。乾燥しているこの季節は、塗装工事にとても適していて、ベストシーズンとも言えます。お家を長くきれいに保つためには、外壁の定期的なメンテナンスが不可欠ですが、塗り替えるタイミングがよくわからないというお声もよくいただきます。そこで今回は、外壁メンテナンスのタイミングや工事を検討される際のポイントについてお伝えしたいと思います。

【メンテナンスのタイミング】
20210914photo01外壁の塗り替えのサインの一つ、チョーキング現象(白亜化)です。外壁が防水機能を失ってきていることが分かる現象です。  

外壁塗装の塗り替え時期は、まず10年が1つの目安とされています。ただし、10年というのはあくまで一般的な塗料の耐用年数ですので、塗料の種類や建物の立地環境等によって、メンテナンス時期が異なる場合もあります。10年以上塗り替えをしていないという方は、まずは下記の現象が起きていないかをチェックしてみてください。1つでも当てはまる場合はメンテナンスのタイミングかもしれません。

《外壁塗り替え診断》
□ 壁を触った時に白い粉がつく
□ コケやカビのようなものが生えている
□ ヒビ割れがある
□ 表面が剥がれていたり、膨れたりしている

このような現象を放置しておくと、劣化が進み、ヒビ割れや塗装の剥がれから雨水が浸入して雨漏りの原因になる場合もあります。深刻な事態になる前に、早めにご相談いただくことをおすすめいたします。

【外壁塗装をするなら秋~冬がおすすめ!】
外壁塗装は季節に関わらず行うことができますが、1年の中で、特におすすめの施工シーズンは秋~冬にかけてです。この時期は比較的気候が安定しており、ほどよく空気が乾燥していて塗料が乾きやすく、最適な状態で施工できます。また、状況によっては施工中にエアコンの室外機の移動が必要となることがありますので、エアコンによる温度調節がなくても快適に過ごせるこの季節がいいですね!

【併せて行いたいおすすめ工事】
●屋根のメンテナンス工事
20210914photo02リフォーム実例:屋根に苔や藻が発生すると、水はけが悪くなり、傷みが進みます。今回のリフォームで、洗浄を行い、傷んだ箇所は補修しました。

外壁が劣化している場合は屋根も同じように劣化が進んでいるケースが多いです。普段、自宅の屋根にのぼって自分で屋根の状況を確認することもなかなか難しいと思いますので、職人さんによる外壁の確認の際に屋根の状況も一緒に見させていただくこともできます。弊社の場合は外壁や屋根の状況確認、そして改修工事が必要な場合のご提案、お見積りなどは随時無料で行っておりますので、お気軽にお声掛けください。

屋根の塗装や葺き替え工事は外壁工事同様足場が必要となりますので、外周りの工事をご検討される際にまとめてご計画されることをおすすめいたします。

●雨戸の塗り替え、取り替え工事
20210914photo03出典:LIXIL「目隠し可動ルーバー」

あわせて2階など、高所にある雨戸の点検もおすすめです。開け閉めしづらくなっている場合や劣化、変形による室内への雨漏れなど早期の対応が大切ですね。取り替えをご検討される際には、目隠しや防犯、防災など、高い機能性を持つ製品もありますので、リフォームプランナーにご相談ください。

●玄関ドアの取替工事
20210914photo04出典:YKK AP「断熱スライディングドア」

きれいになった我が家の外壁に、錦上添花となるのは玄関扉ですね。
形状は一般的に多い「片開き」以外にも出入りが便利な「引き戸」等があります。そして玄関周りのお悩みに応じて、玄関の防寒対策に役立つ断熱タイプのものやお家全体の換気効率をアップしてくれる通風タイプ、防犯性能向上の顔認証機能、電気錠が装備されているものなどもあります。デザイン性だけではなく、機能性の高い製品も多数ご提案できます。
玄関ドアは既存の枠の上から新しい枠を取り付ける「カバー工法」を採用していただければ、基本的に1日で工事が完了しますので、工事中の防犯も心配なく取り替えることができます。

●給湯器寿命の点検、取替工事
通常給湯器の取り外しをしなくても周りの壁を塗装することは可能ですが、取り外すことで給湯器の裏側まで綺麗に塗ることができ、おすすめです。お使いの給湯器が取替時期(目安:8~10年)の場合は、外壁工事のタイミングでのお取り替えがいいですね。

【シミュレーションで完成イメージをお打ち合わせ】
20210914photo05当社リフォーム実例:シャインメタリック×ブラックの配色でモダンに一新。玄関まわり、ベランダもリフォームさせていただきました。

「せっかく外壁を塗り替えるなら今までとは違う雰囲気にしたい。でも出来上がったものがイメージと違ったらどうしよう…。」そんな風に不安に思っているお客様も多いようです。
当社ではご自宅の外構写真やCG画像にてカラーシミュレーションをお作りすることが可能です。また、バーチャルリアリティ・ショールームでのリアルな仮想空間で、塗装の色や左官の塗パターンなど自由に変えていただきながら、完成後イメージを確認し、改修後を体感していただくこともできます。体験のご予約やより詳しいご説明ご相談は、弊社リフォームプランナーまでお声掛けください。

ご自宅の外装は見慣れている分、意識して観察しないと細かな異変になかなか気が付きにくいものです。お家を守っている外壁のメンテナンスをしないまま長期間放置してしまうと、いざ手入れをしようとした時に思わぬところで余計な手間や費用が発生してしまうことも多々あります。お家にいる時間が増えている今だからこそ、住まいの「外側」について改めて気に掛けて見てみてはいかがでしょうか。

▼外壁塗装について、より専門的な内容は下記でもご紹介しています
「リフォームのプロに聞いてみた!Vol.4 美しく彩りながら保護する住まいを長持ちさせるための外壁塗装 part1」

20201014ill02