リフォーム実例
開放的な「つながる」空間の実現。築37年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、収納をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

開放的な「つながる」空間の実現

コンセプト:間仕切りを取り払い、開放的な空間へ
お施主様よりはじめにご相談を受けた際、住まいの設備が老朽化している事に加え、小さなお部屋が幾つにも分かれている間取りに不便を感じ、リフォームをお考えになられたとのことでした。
また新築の建替えとリフォームを両方検討されていましたが、費用の面や、リフォームプランを決めていく中で、「想い描く住まいを実現できそう!」との決意で、リフォームが始まりました。
対面するカウンターが大活躍
キッチンに対面カウンターを新設しました。
作業台としてももちろん、ご夫婦2人の食事スペースにちょうどよく好評です。インテリアはボルドーとダークブラウンを基調とした、シックな印象で統一しました。
キッチンに隣り合う、くつろぎの空間
間仕切り壁を取り払い、キッチンからつながるようになりました。お施主様からは「それぞれの時間を楽しんでいても、お互いの気配を感じるようになりました。それに、家族みんなが集まった時は、このソファを囲んで食事ができるようになりました。」と今まで断念していた大人数での食事も可能になりました。

リフォームのきっかけ


施工前

今の住まいを新築するか、リフォームをするかで迷われていましたが想いどおりの住まいにするため
リフォームを決意されました。

建物種別 戸建て
築年数 37年
リフォーム費用 税込1,100万円
工期 1ヶ月半

担当者の声

今回のリフォームで、「仕切る壁のない、オープンな空間に…」と、お施主様よりご要望をいただきましたが、構造上撤去できないものもありました。その中で、お施主様の理想とするイメージに、できるだけ近づけられるよう、プランをご提案しました。

ときわ台店の詳細はこちら