バリアフリーのリフォーム実例

リフォームのTAKEUCHIでは、バリアフリーにあわせたリフォーム・リノベーションの提案をしています。お客様のご要望を丁寧にお伺いし、バリアフリーにあわせたプランニングをすることで、より快適な暮らしを実現するお手伝いをさせていただきます。

部位・目的でみる

ご高齢の方とご一緒に暮らしていらっしゃる場合や、今後のことを考えてのリフォームとして、バリアフリーを導入される方が増えています。今後、バリアフリーは特別な考え方ではなく、もっと「あたりまえのもの」になっていくのではないでしょうか。

  • 生活導線への配慮

    段差をなくす・手すりをつける・コンセントの高さ調整など、生活導線への配慮がバリアフリーを導入する際の最も一般的な手法です。
    またこうした対策は、ご高齢の方のためのみではなく、あらゆる年代の方の暮らしを、より快適にすることにもつながります。

  • 温度差を小さくする

    浴室・洗面・トイレは急激な室内の温度変化により、体調を崩しやすい場所です。対策としては暖房機器などを設置することが一般的です。それ以外にも、たとえば入口を引き戸にすることで、通気の調整をしやすくし、部屋間の温度差を小さくするなど、ちょっとした工夫で対策することも可能です。

NEW

きめ細かなアイデア満載のキッチンリフォーム

築40年のマンションリフォームです。コンロの故障を機にキッチンリフォームを行いました。キッチン本体はもちろん、家電カンターや収納の細部までこだわり、家事がしやす…

明るく広く、生まれ変わった思い出の家

築30年のお住まいです。空き家になったご実家を、明るく住みやすくしたいとご相談をいただきました。RC造の住まいで間取り変更に制限もありましたが、施主様の理想を叶…

快適さと利便性にこだわった二世帯住宅

築37年の戸建てのお住まいです。2階の部屋をお嬢様家族に譲り、施主様ご家族が1階への住み替えをする前にリフォームのご依頼をいただきました。…

四季の景色を楽しみながらくつろぐLDK

築33年のマンションリフォームです。以前からリフォームへの想いがあったもののタイミングがなく、息子様ご家族が一緒に住まわれることになり、ご相談をいただきました。…

将来を見据えたバリアフリー住宅

築40年のマンションリフォームです。ご夫婦で将来の暮らしを考えて、バリアフリーで広々とした空間の住まいにしたいとご相談いただきました。…

部位・目的でみる