バリアフリーのリフォーム実例

リフォームのTAKEUCHIでは、バリアフリーにあわせたリフォーム・リノベーションの提案をしています。お客様のご要望を丁寧にお伺いし、バリアフリーにあわせたプランニングをすることで、より快適な暮らしを実現するお手伝いをさせていただきます。

部位・目的でみる

ご高齢の方とご一緒に暮らしていらっしゃる場合や、今後のことを考えてのリフォームとして、バリアフリーを導入される方が増えています。今後、バリアフリーは特別な考え方ではなく、もっと「あたりまえのもの」になっていくのではないでしょうか。

  • 生活導線への配慮

    段差をなくす・手すりをつける・コンセントの高さ調整など、生活導線への配慮がバリアフリーを導入する際の最も一般的な手法です。
    またこうした対策は、ご高齢の方のためのみではなく、あらゆる年代の方の暮らしを、より快適にすることにもつながります。

  • 温度差を小さくする

    浴室・洗面・トイレは急激な室内の温度変化により、体調を崩しやすい場所です。対策としては暖房機器などを設置することが一般的です。それ以外にも、たとえば入口を引き戸にすることで、通気の調整をしやすくし、部屋間の温度差を小さくするなど、ちょっとした工夫で対策することも可能です。

バリアフリーなマンション全面改修

築35年のマンション。床がカーペット敷きなことや、段差があったりと不便な点も多く、全面リフォームでバリアリーな住まいにしたいとご相談をいただきました。…

「和」と「洋」を調和させ、明るい空間へ

築40年以上になる和風の戸建住宅です。キッチンと浴室をはじめとした水まわり設備の取り替えと合わせて内装も工夫し、広々とした明るい空間を作りました。

ワンちゃん達と永く楽しく暮らす住まい

床もキズだらけで傷んできたこと、色々な物を整理するいい機会にもなるのでリフォームしたい、とご相談をいただきました。…

部位・目的でみる