バリアフリーのリフォーム実例

リフォームのTAKEUCHIでは、バリアフリーにあわせたリフォーム・リノベーションの提案をしています。お客様のご要望を丁寧にお伺いし、バリアフリーにあわせたプランニングをすることで、より快適な暮らしを実現するお手伝いをさせていただきます。

部位・目的でみる

ご高齢の方とご一緒に暮らしていらっしゃる場合や、今後のことを考えてのリフォームとして、バリアフリーを導入される方が増えています。今後、バリアフリーは特別な考え方ではなく、もっと「あたりまえのもの」になっていくのではないでしょうか。

  • 生活導線への配慮

    段差をなくす・手すりをつける・コンセントの高さ調整など、生活導線への配慮がバリアフリーを導入する際の最も一般的な手法です。
    またこうした対策は、ご高齢の方のためのみではなく、あらゆる年代の方の暮らしを、より快適にすることにもつながります。

  • 温度差を小さくする

    浴室・洗面・トイレは急激な室内の温度変化により、体調を崩しやすい場所です。対策としては暖房機器などを設置することが一般的です。それ以外にも、たとえば入口を引き戸にすることで、通気の調整をしやすくし、部屋間の温度差を小さくするなど、ちょっとした工夫で対策することも可能です。

NEW

将来を見据えたバリアフリー住宅

築40年のマンションリフォームです。ご夫婦で将来の暮らしを考えて、バリアフリーで広々とした空間の住まいにしたいとご相談いただきました。…

NEW

自然素材でこだわりリフォーム

築40年のマンションリフォームです。以前キッチンリフォームさせていただいたお客様から、今回はリビングリフォームのご相談をいただきました。…

  • 費用
  • 300万円

家族の会話がはずむ見渡せる対面キッチン

築24年のマンションリフォームです。独立したキッチンで閉鎖感があり、リビングとつながる空間にしたいとご相談をいただきました。…

  • 費用
  • 1200万円

心地のいい距離のワンルームリノベーション

築41年になるマンション。老朽化もあり新築マンションの購入も検討されていましたが、愛着のある今のお住まいをリフォームすることにしました。…

  • 費用
  • 1200万円

部位・目的でみる