リフォーム実例
日常生活の情景に合わせ変化自在な間取り。築18年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、収納、書斎・趣味室、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

日常生活の情景に合わせ変化自在な間取り

コンセプト:できるだけオープンで、開放的な空間へ
「採光もある部屋なのに、キッチンが暗い…」そんなお悩みをいただきました。明るいキッチンにするため、キッチン上部の吊戸棚は無くし、開口を広げました。また隣合う和室も、間仕切り壁を無くしできるだけLDKに仕切りのない、オープンな空間にしました。
ここがPoint!段差でキッチンの手元は、リビングから見えないように。

散らかりを気にせず作業のできるキッチン
キッチンは散らかりを気にせず作業ができるステップ対面タイプにしました。リビング側からは収納にもなっています。キッチン部分のみ床を清掃性の良いビニール製床材に張替え、汚れにも安心です。
照明もスポットライトやダウンライト等を取り入れて、暮らしのシーンに合わせるように工夫しました。
ここがPoint!キッチンカウンターの上にあった既存の収納棚を取り外し、リビングの一角の書斎スペースに再利用しました。「リビング空間に溶け込んで、収納もしやすくなった。」とお施主様にも好評です。アクセントクロスも貼って、気分も一新しました。
和室はフローリングに張替え、段差も解消しました。
スライド式の間仕切り建具で、普段はLDKと一体感のある空間を実現しました。

リフォームのきっかけ


施工前

ご夫婦とも定年を迎え、時間の余裕ができたのでリフォームを決意されました

建物種別 マンション
築年数 18年
リフォーム費用 税込410万円
工期 1ヶ月

施工中の様子


施工中

壁を撤去し部屋を間仕切る造作L型建具の下地工事です。
普段は開けておき、リビングと一体化させ、必要時には個室として使えるようにオーダーメイドしました。

担当者の声

既存のリビングの床や吊戸棚を活かしてリフォームするので、新しい空間と違和感のないよう、色は特に留意しました。キッチンは気持ちよく作業できるようになったと工事後伺い、嬉しく思いました。

成増店の詳細はこちら