リフォーム実例
細部まで配慮したバリアフリーの住まい。築30年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、収納、水まわり、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

細部まで配慮したバリアフリーの住まい

ここがPoint!転んでもケガをしにくいフローリングです。

どこに行くにもスムーズなバリアフリー
築年数も経っているマンションでしたので、構造体だけの状態まで解体(スケルトン)し、全面バリアフリーにリフォームしました。
中でもリビングは、床面積を広く使うため、壁全面に収納を作り、家中のものをすべて収納できるようプランしました。
ここがPoint!衣類も入れやすいよう収納内部もプランしました。
  • ここがPoint!車いすの置場です。
  • ここがPoint!キッチンは同じシリーズでカップボードも作りました。
    奥行があるので、棚をL字にし、使いやすくしました。
玄関、廊下、水まわりすべて配慮された空間に
玄関はスロープになっています。手すりと、壁に収納ベンチも取付けました。
廊下は既存より14㎝程拡げ、車いすでも通りやすい幅にしました。
洗面脱衣場、浴室、トイレも、入口の拡張、引き戸への交換など、すべて車いすでの行動を遮らないように配慮しています。

リフォームのきっかけ

一度スケルトンにし住まい全体を車いすにも対応したバリアフリーにしました。

建物種別 マンション
築年数 30年
リフォーム費用 税込1,300万円
工期 40日間

担当者の声

初回の打ち合わせから、お引渡しまで密なスケジュールでしたがお施主様のお気遣いにより、順調に進めることが出来ました。リフォーム中はご不自由もお掛けしましたが、お引渡しの際喜んでいただけて、私も嬉しかったです。

成増店の詳細はこちら