リフォーム実例
好きな物に囲まれて過ごす、気持ちのいい家。築40年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、書斎・趣味室、水まわりをリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

好きな物に囲まれて過ごす、気持ちのいい家

収納の充実で、生活空間を広く明るく
築40年のお住まいです。設備の老朽化や、部屋数は多いものの手狭感があること、日中でも室内が暗いなどがお悩みでした。
これらの問題を解決すべく、まず十分に活用できていない部屋であった和室を解体し、LDKを広く取った間取りへの変更をご提案させていただきました。またタンスなどの置き家具を処分し、収納をウォークインクローゼットへ集約、リビングや寝室には造り付けの収納をつくり、生活空間をすっきりとさせました。
施主様が大事にされてきた、絵画や陶器をきれいに飾れる工夫もプラスし、これから家で長く過ごされる時間をより楽しんでいただける住まいをかなえました。
玄関横をウォークインクローゼット(WIC)にし、収納を集約することで、生活空間を広々と確保。洗面室・浴室・トイレ・ランドリーを一つの空間にまとめたことによって、新たな脱衣スペースを設けることもできました。
和室を解体し、広々としたLDKに
和室を解体し、ゆったりとくつろげるリビングを実現しました。

ここがPoint!和室を解体したことで広々とするだけでなく、窓から日差しが差し込み、昼間は照明をつけなくても、十分明るい空間になりました。外の景色はもちろん、ベランダに並ぶ施主様が大事に育ててこられた植栽もよく眺められるようになり、とても喜んでいただけました。
インテリアに調和する造作収納
タンスや置き家具を処分し、スペースにぴったり合う収納棚を造作しました。

ここがPoint!造作の棚は、器や小物を飾って、ギャラリーのように楽しめることも計算して高さを決めました。落ち着ついたグレイッシュのアクセントクロスもポイントです。
ここがPoint!アンティーク調の家具と調和するように、インテリアをコーディネートしました。壁はピクチャーレールを設置し、画や写真を飾れるようにしています。
キッチンを対面式に変更
キッチンは向きを変えて対面式にしました。

ここがPoint!壁付けのキッチンから対面式に変更。キッチンと同じ扉材で家電収納棚も設置し、収納量が増えて使いやすくなりました。こちらの壁にもアクセントクロスを使い、食器を飾って楽しんでいただけるようにしました。
バリアフリーに配慮した動線の工夫
間取りを変えたことで、玄関からリビングにつながる廊下もまっすぐになり、通路が拡がり段差も解消しています。

ここがPoint!玄関先を広くし、ベンチを置いても余裕のある広さを確保しています。リビング入口は開き戸から引き戸に変え、出入りがスムーズになりました。スリット入りの扉は、リビングの明かりを採り込み、暗かった玄関も明るくなりました。

リフォームのきっかけ

仕事もひと段落し、ライフステージが変化するタイミングでご相談をいただきました。

建物種別 マンション
築年数 40年
工期 2ヶ月

お施主様より

外の景色もよく見えるようになり、ベランダに並ぶ花を眺めながらゆっくり過ごす時間がなにより贅沢なひとときです。しまい込んでいた絵画や器も、飾るところがたくさんできたので、毎日ワクワクしながらコーディネートを変えて楽しんでいます。

担当者の声

お仕事をされながらの工事でしたのでご負担もあったと思いますが、お会いする度にこちらが元気をもらうくらいパワフルで、たくさん楽しいお話をうかがいました。これからは快適になったお住まいで、ゆっくり、趣味や好きな事をする時間を楽しんでください。

ときわ台店の詳細はこちら