リフォーム実例
暮らしやすいを凝縮したマンションリフォーム。築43年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、収納、和室、水まわり、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

暮らしやすいを凝縮したマンションリフォーム

間取りと収納の工夫で、限られたスペースでも広くくつろげる空間に
築43年のマンションです。息子様が独立し、ご夫婦二人暮らしになられたタイミングでのリフォーム相談をいただきました。部屋が細かく仕切られ手狭感がありましたので、間取りを変えて広々とした空間にし、漏水していた給排水管も更新させていただきました。また、散らかりにくく、すっきり暮らせるよう備え付けの収納も多く設け、ご夫婦の新たなライフステージの変化を楽しむ家が完成しました。
2間あった和室を1部屋解体し、新たなLDK空間を作りました。リビング左右の壁に大容量の収納を設け、細かい物から布団まで収納できるようにしています。水まわりも動線を整理し、以前より浴室も広くなりました。
暮らしに必要な収納をまとめて機能的に
和室の1間を解体し、リビングを広くしました。左右に収納するものに合わせてプランニングし、大型造作収納を新設したことによって、すっきり暮らしやすい空間となりました。

ここがPoint!アクセントクロスで仕上げた側の収納は、テレビ台も兼ね備えた壁面収納です。ご主人様の趣味の陶芸作品が飾れるよう、一部の棚をオープンにしました。奥は掃除機等をしまえる高さのある収納にし、扉に鏡を使うことで、空間を広く感じるようにしました。
ここがPoint!もう一方の壁面は、生活用品や衣類を収納する「隠す収納」に。布団もこちらの収納に納められるようにいます。隣の和室6畳は、そのまま広々と使えるようにしました。
ここがPoint!和室の襖を、洋風の建具に変更。上吊りの両引き戸にしたため、両側に大きく開いて視界が広がり、リビングからでもお庭が眺められるようになりました。畳も、傷や汚れに強い和紙製の縁なし畳に替え、隣の部屋と違和感なく、モダンな印象に仕上げました。
水まわりの設備をまとめて、家事動線が改善
水まわりは間取りをわずかに変えることで、キッチン・浴室・トイレへの動線が改善し、使いやすくなりました。

ここがPoint!キッチンと同じ扉材で、家電収納を新たに設置しました。その収納の先が、浴室・トイレへとつながります。洗濯機置き場も浴室の背面に移動し、水まわりの機能をコンパクトにまとめました。
客間としても使える自由な部屋
玄関横の一室は、客間としても使える、用途の自由度が高い空間にしました。

ここがPoint!入口扉を2枚の引き戸にし、開けて空間を広く使ったり、閉めて客間にしたりと、シーンによって使い分けができるようにしました。窓の上には吊戸棚を設け、床面積を使わず収納として活用できるようにしました。

リフォームのきっかけ


施工前

息子様が独立し、生活スタイルが変わるため、夫婦二人でくつろげる空間にしたいとご相談をいただきました。

建物種別 マンション
築年数 43年
リフォーム費用 税込860万円
工期 2ヶ月

施工中の様子


施工中

こちらのお宅では窓の交換も可能だったため、断熱性の高い複層ガラスの窓に替えました。


施工中

大きな枠の一枚ガラスになったことで、お庭も広く見渡せるようになりました。

お施主様より

限られた空間を最大限使えるよう、間取りでも収納でも細かい配慮がされていて感心しました。リフォームでここまで変わると思っていなくて、快適だなと思う度に嬉しい気持ちになります。息子も「良い出来だね!」と褒めてくれました。

担当者の声

手狭で暗かった空間が、お庭まで見渡せる広々とくつろげる空間に劇的変化しました。給排水管の更新で漏水も改善し、安心してお住まいいただけるようになったと思います。これからも愛着のある我が家で、ご夫婦の新しいライフステージを楽しんでください。

ときわ台店の詳細はこちら