リフォーム実例
白が映える、カントリー調のリビング。築18年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、収納、和室、廊下・階段・玄関をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

白が映える、カントリー調のリビング

会話のはずむ、開放的で明るいLDKへ
「対面キッチンにしたい」「煙草のヤニで汚れた壁紙をどうにかしたい」などのお困り事や、「カントリー調の明るい空間にしたい」と理想のイメージをうかがいました。
ご希望に合わせたプランを様々検討しましたが、対面キッチンの設置が難しく、L字型のキッチンと壁の撤去で、開放的なLDKをかなえていきました。
白を基調にした、カントリー調の内装
お施主様たってのご希望の「カントリー調の空間」に、白いフローリングを採用しました。建具も木目やブラウンを組み合わせて雰囲気を作っていきました。また耐久性の強いフローリングや機能性壁紙を使うことで、お手入れの面にも配慮。照明もすべてダウンライトに変え、視界がすっきりしました。

ここがPoint!大きな窓から差し込む日差しで、フローリングに傷みがあったため、耐久性の高いフローリングへ張り替えました。ワックスフリーでお手入れも楽ちんです。また壁紙は、汚れを拭き取れるタイプの物をおすすめさせていただきました。
L型のキッチンで、対面風の空間を実現
間取りの関係上、対面キッチンの設置が難しかったため、家電ストッカー込みのL型キッチンをご提案させていただきました。壁や吊戸棚をなくし解放感を確保しつつ、収納量も増え、家事動線もズムーズになりました。


ここがPoint!吊戸棚と仕切りの壁を撤去しました
。またキッチンと同じ面材の家電ストッカーも作り収納問題も解決!キッチンの床は、テラコッタのフロアタイルを貼り分け雰囲気もアップしました。
キッチンからの眺めです。LDK全体が見渡せる開放的な空間になりました。

ここがPoint!喫煙にも配慮して、レンジフードも大きいタイプを選定しました。
リビングと調和する和室に
リビング拡張ため、6畳から3畳になった和室は、小上がりの半畳縁なし畳にし、リビングとつながりをもたせました。やわらかく空間を仕切るスリット格子もポイントです。


ここがPoint!スリット格子で空間のつながりをもたせ意匠性もアップ!天井には、室内物干し”ホスクリーン”を取り付けました。

壁のポイントにエコカラットを採用
調湿・消臭効果のあるエコカラットタイルを、玄関やニッチ収納のポイントに採用しました。


ここがPoint!玄関収納は上部に梁があったため、面材を組み合わせて、無駄のない収納棚を造作しました。リビングのニッチも作り直し、アクセントにエコカラットを貼りました。

リフォームのきっかけ


施工前

店舗が近くにありご相談をいただきました。希望に合わせたプラン提案にも安心いただきました。

建物種別 マンション
築年数 18年
リフォーム費用 税込530万円
工期 1ヶ月

担当者の声

この度のご依頼ありがとうございました。初めの打ち合わせの時から本当に楽しく、素敵なリフォームになる予感がしていました。仕上がりにご満足いただき心から嬉しく思います。ぜひ今度ピアノの演奏を聴かせて下さい。

西武練馬店の詳細はこちら