リフォーム実例
バリアフリーな住まいを目指して。築40年のマンションリフォーム実例です。リビングダイニング、全面リフォーム、収納、廊下・階段・玄関、水まわり、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

バリアフリーな住まいを目指して

動線をサポートする、バリアフリーな住まい
ご両親様が快適に過ごせるように、段差解消や手すりの設置で、玄関からリビングまで、足腰の負担を軽減できるようバリアフリーにしました。
和室も洋室へ変え、ベッドが置けるようにし、明るく広々とした空間へ生まれ変わりました。
部屋の仕切りはロールスクリーンで
扉はできるだけなくし、ロールスクリーンで部屋を仕切れるようにしました。フローリングも全て貼り替え、段差も解消しました。

ここがPoint!部屋の間仕切りは、遮光のロールスクリーンにしました。開閉を調節しやすいよう2枚に分けています。床は段差を解消し、LDK全体が一体感のある空間になりました。
押入れと納戸を合わせたウォークインクローゼット
和室は洋室に変えました。押入れは納戸を合体させて、ウォークインクローゼットにしました。コの字型にハンガーパイプと棚を作り、奥まで使いやすい収納になりました。

ここがPoint!押入れ+納戸を合わせたウォークインクローゼット収納です。和室の段差は置き床で解消しました。
動線に配慮したサポートと、支度しやすい玄関
廊下から玄関にかけて、動作をサポートする手すりを設置しました。玄関先はショッピングカートがそのまましまえる、大きな収納を作りました。

ここがPoint!手をついても汚れが目立ちにくいよう、グレ―調のアクセントクロスにしました。
ここがPoint!折り畳みのベンチを設置。お出かけの支度、靴の脱ぎ履きなどの動作をサポートします。玄関先は、ショッピングカートをそのまま入れてしまいやすいよう、扉はロールスクリーンにし、床はたたきと地続きにしています。
広く快適な水まわり
水まわりも一新しました。浴室はサイズアップし、広くなりました。トイレは入口を移動し、廊下に面するように変えました。

ここがPoint!水まわりの入口はカーテンにしました。洗面室・ランドリー空間も、広くゆったりとした空間になりました。
  • ここがPoint!隣接した納戸の壁を移動することで、浴室のサイズが1216から1416へ、サイズアップできました。
  • ここがPoint!廊下に面した空間へトイレを移動し、奥行も広がりました。立ち座りのサポートとしても便利な耐荷重のあるペーパーホルダーと、手すりも設置しました。

リフォームのきっかけ


施工前

賃貸に出していたお部屋が空いたため、今後はお施主様のご両親様がお住まいになる家として、リフォームのご相談をいただきました。

建物種別 マンション
築年数 40年
リフォーム費用 400万円
工期 3週間

施工中の様子


施工中

既存の押し入れを解体し、奥の納戸と空間を合わせてウォークインクローゼットにしました。


施工中

壁を移動したため、浴室もサイズアップすることができました。

担当者の声

浴室のサイズアップやウォークインクローゼットの造作など、リフォームするからこそ可能な、住みやすい住まい造りをご提案させていただきました。ご両親様がお住まいになるとのことでしたので、さまざまな場面でバリアフリーになるよう考慮し、些細な箇所もたくさんご相談させていただきました。ご満足いただけるリフォームとなり嬉しく思います。

ときわ台店の詳細はこちら