リフォーム実例
内装コーディネートで空間バージョンアップ。マンションリフォーム実例です。リビングダイニング、収納、和室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

内装コーディネートで空間バージョンアップ

お持ちの家具と調和するクラシカルモダンな空間
経年による壁紙の傷みや、クローゼットや収納の扉がスチール製で、重たく開け閉めしづらいこと、見た目も古めかしいことから、モダンな雰囲気に変えたいとご相談いただきました。空間の印象を変えるため、壁紙・建具・照明をポイントに、様々なご提案をさせて頂きお客様と検討。職人による造作建具も採用し、空間に調和する、クラシカルモダンをテーマにした内装にコーディネートしました。
家具に調和する壁紙・カーテン・照明コーディネート
以前は白い壁紙でしたが、お持ちの家具や絨毯の色合いに合わせ、2つのアクセントクロスを組み合わせて提案し、貼り替えました。カーテンと照明もコーディネートしています。

ここがPoint!アクセントクロスは家具と調和するよう、グレーの無地のものとピンク系の柄物と組み合わせました。カーテンも合わせてコーディネートしています。照明は、どんな生活のシーンにも合わせられるよう、調光可能なタイプに取り替えました。
職人による造作のリビング扉
玄関から真っ先に目に飛び込むリビングの扉は、様々製品を検討した末、ステンドグラスを取り入れた、職人さんの手作りのものにしました。

ここがPoint!ステンドグラスは海外から取り寄せ、扉本体と組み合わせています。既存のドア枠やインテリアと調和するように、木目を生かしたステイン塗装を行って仕上げました。
ここがPoint!ダイニングテーブルに3灯のペンダントライトを採用。寝室も照明器具を新調しました。
扉の交換で空間のイメージチェンジ
クローゼットの扉、押入れの襖を取り替えました。木目の質感がプラスされ、空間の雰囲気も変わりました。

ここがPoint!スチール製で重量があり、開閉しづらかったクローゼットの扉を、動作がスムーズな折れ戸に変えました。和室の襖は建具枠に合わせて造作しています。どちらも木目の質感がプラスされ、お部屋の雰囲気にあたたかみがプラスされました。

リフォームのきっかけ


施工前

お持ちの家具に合わせてインテリアを変えたい、とご相談いただきました。

建物種別 マンション
リフォーム費用 320万円
工期 2週間

施工中の様子


施工中

以前のクローゼットです。経年による変色もありお部屋の雰囲気に合わなくなっていました。和室も襖紙から木目の建具に変えて、和洋折衷なお部屋になりました。


施工中

お施主様より

部屋のインテリアがずっと自分の好みと合わなくて気になっていました。希望のイメージを担当さんに話して、たくさんの壁紙や照明の提案をいただきました。おかげ様でお気に入りの空間に仕上がり、とても満足です。特にステンドグラスの扉は見るたびに嬉しくなります。住みながらの工事でしたが、職人さんも丁寧で、安心してリフォームできました。

担当者の声

扉1つで空間のイメージは大きく変りますので、職人による造作の扉を採用し、こだわりの空間が完成しました。壁紙やカーテンも一緒にコーディネートしたことで、既存の家具とも調和し、より素敵な空間になったと思います。バージョンアップしたご自宅でくつろぐ時間を楽しんでください。

王子店の詳細はこちら