リフォーム実例
輸入壁紙で楽しむキッチンリフォーム。築47年のマンションリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、収納をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

輸入壁紙で楽しむキッチンリフォーム

既存と調和するクラッシックな輸入壁紙で、空間アレンジをもっと楽しむリフォーム
築47年のマンションです。キッチンの老朽化と、家電の置き場所も少なく不便であるとご相談をいただきました。長年リフォームへの想いをお持ちだった施主様。理想のイメージや写真を見せていただきながら、プランを考えていきました。また、キッチンリフォームと同時に、お部屋全体の壁紙も貼り替えました。既存との調和を考慮し、キッチンには輸入壁紙を採用。個性的な柄が、クラッシックな雰囲気と空間に彩をプラスしています。
光を採り込む明るいキッチン
“明るくしたい” ”家電の置き場所や物のスペースも考慮したい”などご要望をいただきました。ご要望を実現すべく、キッチン本体の比較・検討と、動線や配置場所のプランニングを行い、一つひとつ時間をかけてしっかり打ち合わせをさせていただきました。

ここがPoint!機能性やデザイン性から、キッチン本体はTOTOのザ・クラッソを選びました。光を反射するような透明感のある白いキッチンで、空間全体が明るくなりました。周囲の壁は、タイルから清掃性のよいキッチンパネルへ変更。また背面の壁は、既存の空間と一体感を持ちながらも個性をプラスした、深い緑色の海外クロスを採用しました。
ここがPoint!ペアホワイトウッドという、梨の木目の上品でやさしい雰囲気の扉材を選びました。鏡面仕上げで高級感があり既存空間と調和します。
壁紙の全面貼り替えで空間全体を一新
LDKの壁紙も貼り替えました。新しいクロスで空間が明るくなり、お持ちの家具がより引き立ちます。

ここがPoint!梁下には光沢感のある草木柄のアクセントクロスを採用しました。ダイニングの目線の先となる壁一面が、家具の雰囲気とマッチして、お客様好みの空間になりました。
ここがPoint!隣のリビングもダイニングと同様にアクセントクロスを採用しました。

リフォームのきっかけ


施工前

設備の老朽化や家電の置き場所がなく、長年不便に感じていらっしゃいました。同じマンションでリフォームされた方のご紹介で弊社にお声掛けいただきました。

建物種別 マンション
築年数 47年
リフォーム費用 税込190万円
工期 1週間

施工中の様子


施工中

キッチンの背面の輸入壁紙を貼る様子です。輸入壁紙は紙製で、国内メーカー製品と比較すると薄い素材になるため、壁の下地を念入りに整えてから貼っていきました。

お施主様より

プランはとても悩みましたが、私の要望をしっかりとヒアリングくださり細やかで多角的な視点で提案をいただいたおかげで、想像以上の良い空間になりました。職人さんも丁寧な仕事をしてくだったので、安心してお任せできました。工事に入る前に、壁紙を自分で剥がしてみたかったので、新しい体験もできました。とても満足のいくリフォームでした。

担当者の声

この度はありがとうございました。たくさんのイメージ写真を拝見しながら施主様の想いをうかがい、理想のイメージにできるだけ近いカタチを叶えられるよう、たくさんプランを検討しました。空間に彩を加える輸入壁紙のクロス選びは、私までわくわくしました。これからも楽しく快適に過ごしてください。

杉並永福店の詳細はこちら

会社案内&実例BOOKプレゼント 本屋さんでは手に入らない「リフォームお役立ち資料」