リフォーム実例
和室リノベーションで、快適な二世帯住宅へ。築41年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、収納、和室、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

和室リノベーションで、快適な二世帯住宅へ

和室を改装し、二世帯が同居する住まいへ
「使っていない和室を改装し、二世帯で暮らせる住まいにしたい。」とご相談をいただきました。お嬢様夫婦とお孫様を迎えて二世帯で暮らす住まいにするため、2部屋あった和室を、1つはキッチンを備えたリビングダイニングにし、隣はお嬢様ご一家の寝室にしました。ご家族、お一人お一人の生活リズムも考慮しながら間取りも工夫し、快適な住まいを実現しました。
縁側を取り込み、明るく広い洋間のリビングへ
窓側の明るい部屋を、縁側を取り込んで広いLDKにしました。壁の仕上げを真壁から大壁にすることで空間がすっきりし、洋風なイメージになりました。フロアタイルや壁紙の内装はご家族皆様で決めていただきました。

ここがPoint!「真壁」は柱や梁などが見える状態の壁の仕上げ、和風の仕上げ方法です。「大壁」は柱や梁を覆った壁の仕上げで、洋風の仕上げ方法となります。縁側部分も取り込み、空間を広げ、洋風の空間にしました。欄間や鴨居は撤去し、1つの空間にしました。
水屋の給排水を利用してキッチンを設置
和室に水屋がありましたので、キッチンの給排水は、そのまま設備を利用しました。床下からの冷えを解消するため、床に断熱材も入れました。

ここがPoint!お嬢様ご一家のリビングダイニングになります。収納を確保するため、コーナースペース利用し、家電収納を作りました。
明るい内装で和モダンな和室へ
LDKの隣の部屋は寝室になります。傷や汚れに強く、ハウスダストの発生もしにくい和紙畳を採用しました。LDKは洋風でしたが、寝室は敷居や鴨居も生かして、和の雰囲気を残した空間にしました。

ここがPoint!和紙畳や襖の色をワントーンに揃え、モダンな雰囲気の和室にしました。

リフォームのきっかけ


施工前

当社の店舗に展示されている実例パネルをご覧下さり、ご相談下さいました。

建物種別 戸建て
築年数 41年
リフォーム費用 450万円
工期 1ヶ月

担当者の声

築41年ですが、とてもしっかりしたお家で和室のつくりも素敵だったため、極力残せるところは残すリフォームをこころがけました。寝室は、竿縁天井、柱や長押、障子はそののままで、和モダンで素敵な仕上がりになりよかったです。ご近所の方からも、「真っ暗だったお部屋に明りがつくようになったわね。」とお声をかけられたそうで、施主様も喜んで下さりうれしく思います。

杉並永福店の詳細はこちら