リフォーム実例
日常生活を快適にする家事室と洗濯物干場。築28年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、収納、外壁・屋根、廊下・階段・玄関、水まわり、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

日常生活を快適にする家事室と洗濯物干場

動線と収納スペースを整え、家事がスムーズなストレスフリーの空間へ
浴室やトイレ、ベランダなど、家中段差が多く足元が危ないことや、動線によるストレスなどのお悩みでご相談いただきました。老朽化した水まわり設備は取り替え、新たに家事室と洗濯物干場を設けることで、家事効率や利便性の改善を図りました。また、ご家族3人それぞれの個室を作り、シェアハウスのような一緒の時間も、それぞれの時間も楽しんでいただける住まいを目指しました。
吊戸棚を撤去し開放感のあるキッチンに
キッチン上の吊戸棚と下がり壁を撤去し、オープンな空間にしました。LDKとも一体感が生まれました。

ここがPoint!手が届かず、使いづらいと感じていた吊戸棚は撤去しました。下がり壁がなくなり空間も明るくなりました。壁はレンガ調のアクセントクロスで仕上げています。
ここがPoint!壁を移動し、キッチンをリビング側に寄せました。通路が拡がり、2人での作業もしやすくなりました。背面には、キッチンと同じ扉材でカップボードを新設。食器も家電もスッキリ納まりました。
家中の物が納まる家事室
1階の和室を解体し、家事室を作りました。

ここがPoint!9畳ほどあった和室の半分の広さを家事スペースにしました。パソコン作業ができるデスクも置き、雑貨や食材の在庫をチェックしながら注文作業もできます。
ここがPoint!LDKの壁の移動に伴い、水まわりの通路も拡げることができました。トイレはタンクレスに取り替えました。
段差の危険を、洗濯物干場で解決
2階の縁側を広げ、室内に洗濯物干場を作りました。

ここがPoint!室内物干し「ホスクリーン」を設置し、日常の洗濯物は、こちらの洗濯物干場に干していただいています。ベランダへ出る際の段差が高く危険なため、一段の踏み台を造作しました。
ここがPoint!1階に旦那様の部屋、2に階に奥様とお子様のお部屋を作り、家族3人それぞれの個室を作りました。アクセントクロスで彩をプラスしました。
屋根も外壁も同時の工事ですっきり
外壁塗装のリフォームと同時に、屋根も塗り替えさせていただきました。

ここがPoint!屋根と外壁の同時リフォームで、足場費用も一度で済み節約になります。より変化を感じていただけるよう色にこだわり、ツートンカラーで塗り分けました。

リフォームのきっかけ


施工前

水まわり設備が古くなり使いづらいことや、段差が多く足元が危ないなどのお悩みで、ご相談いただきました。

建物種別 戸建て
築年数 28年
リフォーム費用 税込1850万円
工期 3ヶ月

施工中の様子


施工中

1階の壁を造り替えている様子です。リビングの広さを確保しつつ、キッチンや水まわりも使いやすくするため、全体的なバランスを考慮しながらプランしました。

お施主様より

ストレスを感じていた動線の不満が解決されました。家事室ができたことでストックをチェックしながら、ネット注文がすぐできるので、とても効率的です。リフォーム後のキレイな状態を維持したいので、毎日掃除頑張ります。

担当者の声

「お家での時間をストレスなく過ごしたい」という奥様のご要望から、安全性、機能性をアップするためのリフォーム計画を目指しました。中でも1階の家事室と2階の新設物干しスペースをとても気に入ってくださり、ご提案してよかったと思います。ご家族皆様で、おうちでの時間を楽しんでください。

南浦和店の詳細はこちら