リフォーム実例
暮らしの中心になるグラフテクトのキッチン。築30年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、水まわりをリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

暮らしの中心になるグラフテクトのキッチン

理想の形に近づくオーダーできるGRAFTEKTのキッチン
老朽化したキッチンのリフォームをずっとご検討されていた施主様。そんな中SNSで見たキッチンがとても気に入り、工事のご相談をいただきました。「GRAFTEKT(グラフテクト)」という、キッチンとバックセット(家電収納棚)がセットになった製品です。ダイニングテーブルや、壁のアクセントウォールも同じ素材のシリーズで揃えることができるため、キッチン工事と合わせてリビングも一新し、統一感のあるLDKが完成しました。
参照:GRAFTEKT(グラフテクト)のキッチン


理想の形にオーダーできるGRAFTEKTのキッチン
セット製品でも、レイアウトと設置位置を選べます。施主様宅のキッチンは、壁に沿って取り付けるI型のレイアウトとバックセットの組み合わせを選びました。

ここがPoint!扉とワークトップのカラーバリエーションも豊富にあります。セラミックタイルのような質感と深みがある素材を選びました。意匠性だけでなく、高機能メラミンで耐久性が高く、お手入れもしやすい素材です。
ここがPoint!キッチンの重厚感に合わせて、壁の仕上げはタイルを採用しました。目地の色もタイルと同色にしています。スイッチやコンセントの位置もプランの中で綿密に計算し、不足がないようにしました。また神保電器株式会社のNKシリーズスイッチに統一しています。
キッチンがより引き立つ家具と内装に一新
キッチンと同じ素材のダイニングテーブルと壁のアクセントウォール(テンダーウォール)も採用しました。

ここがPoint!床や壁の内装をあたたかみのある明るい色目にし、キッチンやダイニングテーブルがより引き立つようにしました。
ここがPoint!テンダーウォールは、デザインだけでなく機能も加えられ、専用の器具で収納棚や机、TVを掛けたりすることもできます。施主様宅は画や写真を飾りたいとうかがっていたため、スポットライトをプラスし、雰囲気よく仕上げました。
暮らしやすさがアップするプラスα
プラスαの工事も同時にさせていただきました。

ここがPoint!ダイニングテーブルの下に、床用コンセントを設置しました。長くコードを延ばす必要がなくなり、施主様宅はペットを飼われていますので、安心していただけました。洗濯機上には収納棚を造作。洗剤ボトルに合わせて高さを決めました。

リフォームのきっかけ


施工前

長年キッチンリフォームへの想いがあり、SNSで調べたところ一目ぼれしたキッチンが見つかりご相談をいただきました。

建物種別 戸建て
築年数 30年
リフォーム費用 税込520万円
工期 3週間

施工中の様子


施工中

キッチンの袖壁です。ウォーターサーバーを置くことをうかがっていましたので高めに変更し、ぴったり納まるようにしました。

お施主様より

キッチンを使う度にリフォームしてよかったと思います。SNSの写真を見ながらイメージを膨らませ、家族や友人にも”こだわりが強すぎる”と言われましたが、TAKEUCHIの担当さんはとことん付き合って下さり、細部までこだわってよかったです。床材選びも迷いましたが、キッチンが映えるこの色にして正解でした。以前と比べると掃除もしやすくなり、とても快適です。

担当者の声

SNSでアップされていたグラフテクトのキッチンを見せていただき、収納棚のイメージやタイルも参考にしながら、お打ち合わせを重ねました。家具家電の置く場所も予め考慮しながらプランしたため、キッチンがすっきりと整頓され、より洗練された空間になりました。ダイニングテーブルも新しくなりましたので、ご家族でゆっくり食事を楽しんでください。

王子店の詳細はこちら

実例BOOKプレゼント リフォームHow-to読本