リフォーム実例
お好みのタイルでアレンジした洗面台。築15年の戸建てリフォーム実例です。収納、水まわりをリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

お好みのタイルでアレンジした洗面台

新しい洗濯機と一緒に、使いやすい洗面室に
外製の洗濯機が故障し、日本製の洗濯機へ交換するにあたり、電源容量や給排水位置の変更が必要でご相談をいただきました。
洗濯機設置の問題以外にも、「洗面台も老朽してきたこと」、「ランドリーボックスを置くスペースがないこと」などお悩みをうかがい、せっかくの機会ですので使いやすい空間を目指してリフォームのご提案をさせていただきました。
新しい洗面台で空間すっきり
壁や天井に棚を新設

新しい洗面台はタイルが目立つよう、鏡と台が分かれたタイプのものを提案させていただきました。台の足元をオープンにすることで、ご希望だったランドリーボックスのスペースもできました。

ここがPoint!照明や鏡も、お好きな物を組み合わせて造作しました。照明は手をかざすと点灯します。洗面台の左手側にも収納を作りました。
3DCG画像です。
お施主様には、メーカーショールームまで足を運んでいただき、3DCGで完成イメージを見ていただきました。工事中も、現場で使い勝手をシュミレーションしながら、棚の位置や内装を細部までこだわりました。
壁や天井も有効に使うため、棚を設置しました。

ここがPoint!以前からカゴを使って収納されてましたので、オープン棚の”見せる収納”にしました。
圧迫感なくアクセントになる、腰高の位置でタイルを張りました。色やバランスはお施主様と”塗り絵”をしながら決めていきました。

ここがPoint!急きょ、お施主様のお気に入りのタイルを貼るアイデアをいただき、かわいらしいポイントができました。

リフォームのきっかけ


施工前

洗濯機が壊れて困っているときに、当社のチラシをご覧になって、ご連絡いただきました。

建物種別 戸建て
築年数 15年
リフォーム費用 90万円
工期 1週間

施工中の様子


施工中

日本製の洗濯機を使えるようにするため、給水・排水の位置、電源も位置換えしました。

担当者の声

「このタイルは貼れますか?」とお声掛けいただいた事がとても印象に残っています。お施主様が見つけたお気に入りのキャラクタータイルを張ることで、特別な空間になりました。打合せは色の組み合わせを考えたり、出来上がりを想像しながら楽しく進めさせていただきました。

千歳烏山店の詳細はこちら