リフォーム実例
広くてあたたかい、ずっと居たくなるリビング。築30年の戸建てリフォーム実例です。リビングダイニング、収納、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

広くてあたたかい、ずっと居たくなるリビング

フローリングの張り替えと一緒に、小さな快適ポイントもプラスして
リビングの横に和室がある間取りでしたが、「リビングを広げ、くつろげる空間がほしい」とご相談いただきました。寒さにもお困りでしたので、空間を広げる工事と一緒に床暖房もおすすめさせていただき、広々としたワンフロアで、あたたかい住まいが完成しました。
抜けない壁を腰壁と筋交いに
和室とリビングの間の壁に、鉄骨の筋交いがあり、撤去することは難しいため、筋交いを活かす方法を検討しました。視界を遮らないため、上部は筋交いの
ままにし、下を腰壁として仕上げました。

ここがPoint!鉄骨の筋交いを活かして仕上げました。腰壁は調質・消臭効果のあるタイル、エコカラットを貼りました。
ここがPoint!以前からカレンダー等の掲示スペースになっていた箇所に枠を作り、コルク調のクロスを貼りました。壁を傷めず、画鋲あとも目立にくくなります。
ここがPoint!新たに設置した壁面収納で物もすっきり片付き、間仕切り壁もなくなり、より視界が広がりました。
床暖房+二重サッシで断熱効果アップ
フローリングの張り替えと合わせて、床暖房を設置しました。窓も二重サッシを採用いただき、室内がとても暖かくなったと喜んでいただけました。
コンセントの移動や照明も、便利なところへ移設しました。

ここがPoint!床暖房と二重サッシで断熱性アップ!二重サッシは複層ガラスにして断熱効果を高めました。
玄関の照明を人感センサー付きの物へ変えました。

ここがPoint!人感センサーにすると帰宅時もスイッチのあるところまで行かなくて良くなり便利です。

リフォームのきっかけ


施工前

店舗も近くにあり安心いただけるとのことで、リフォームのご用命をいただきました。

建物種別 戸建て
築年数 30年
リフォーム費用 468万円
工期 3週間

施工中の様子


施工中

壁を解体したところ、鉄骨の筋交いがこのように出てきました。


施工中

筋交いを囲んで腰高まで壁を作り、上部のむき出し部分は塗装で仕上げました。


施工中

壁の掲示板は、木枠を造作し、枠に合わせてコルク調のクロスを貼って造作しました。

担当者の声

フローリングや床暖房の他にも、工事の途中でご提案させていただいた玄関の人感センサー付き照明のことなど、プラスαの部分でご満足いただけたことが、担当としても嬉しく思います。玄関の正面には、アクセントとして黄色のクロスをご採用いただきました。明るくなり気に入っていただけたことも嬉しく思います。

千歳烏山店の詳細はこちら