リフォーム実例
築90年の伝統木造家屋を次世代へ。築90年の戸建てリフォーム実例です。キッチン、リビングダイニング、全面リフォーム、和室、廊下・階段・玄関、水まわり、洋室をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

築90年の伝統木造家屋を次世代へ

古き良き趣きを残しつつ、モダンな空間を演出
今では中々見ることの出来ない立派な大黒柱、柱・梁等、昔ながらの趣きはできる限り残し、お施主様の幼少期に生まれ育ったころの環境を、現代に再現しました。メインの居住スペースは建物の雰囲気を壊さぬ様、和風モダンをコンセプトにプランさせていただきました。
玄関の小上がりは、2段に作りかえました。緩やかに上がる事ができ、上り下りの負担を軽減ができます。
現代に合った快適さをプラスしつつ、趣を残したリフォームを熟練の職人共々、相談しながら進めていきました。

ここがPoint!梁を活かし、真壁・漆喰仕上げで、趣きを残した補修を行いました。


ここがPoint!老朽化していた玄関の土間を新しく打ち直ししました。

  • 水まわりは間取りを大きく変えました。中でもキッチンはお孫さんが遊びに来ることもあるので、対面キッチンにしています。

    ここがPoint!壁に開口を作り、I型のキッチンを設置。ダイニングの照明も新しくしました。
  • トイレ、洗面台、浴室も交換。内装にワンポイント遊び心を入れて、モダンな空間になりました。

    ここがPoint!壁を、打ちっぱなしのコンクリート風のクロスで仕上げました。他の空間とは異なる遊び心をプラスしました。
広縁です。床は全面張り替えを行うので、使う量も膨大です。場所によって使い分けをしコスト面にも配慮しました。

ここがPoint!広縁と2階の床は、群馬県産の杉の無垢材を使用。補助金も利用し、上質な床材へアップできました。
施工前の2階の様子です。練炭の燻とほこりで、まずは煤払いが必要でした。
養蚕をしていた広い空間をそのまま残しました。長年の煤もすっきりし、施工前とは見違えるほど綺麗になりました。

ここがPoint!地産地消と、環境にも配慮したご提案をさせていただきました。自然素材を使った施工は、非常に難しい作業となりましたが、熟練職人の知識と経験で、当時の趣きを再現しながら、新たな空間へ生まれ変わりました。

リフォームのきっかけ


施工前

今は空家になっているお施主様のご実家。朽ちていく様子を見て「次世代の為に何としても残したい!」と一大決心をされ、リフォームのご用命をいただきました。

建物種別 戸建て
築年数 90年
工期 3ヶ月

施工中の様子


施工中

玄関土間のタタキです。施工面積も広く職人苦戦中。急激な乾燥を防ぐため、噴霧器で水を撒きながら施工します。

お施主様より

今回のリフォームは一大決心でしたのですが、担当のお二人には、大変ゆきとどいた打ち合せをしていただいたので、本当に安心してお任せできました。技術はもとより「企業は人なり」といわれますが、今後もこの姿勢でお願いできれば消費者としてもうれしいです。

担当者の声

建物としても非常に価値もあり、大切なご実家の大規模改修を任せていただき、本当にありがとございました。構想から約2年、煤払いから始まり、土壁や漆喰、無垢材の施工等、自然素材ならではの施工の難しさを改めて学ぶことができたのと同時に、素材の良さも再認識することもできました。一生思い出に残る現場です。

高崎店の詳細はこちら