リフォーム実例
新旧融合の快適住空間。築(一部20~30年もあり)60年の戸建てリフォーム実例です。リビングダイニング、収納、水まわりをリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

新旧融合の快適住空間

全体のバランスに留意しながら、既存のものを上手く再利用
3年前に全面改修したばかりですので、使えるものは再利用しながら、リビング内に組み込まれていたトイレを廊下へ移動し、トイレがあった場所には洗濯機置場を設置する、「場所交換」のリフォームを行いました。
扉を増やし、収納とランドリースペースに
リビングの壁は、収納とランドリースペースを作ったので、一部を解体し作り直しました。

ここがPoint!せっかくクロスを貼り替えるので、アクセントクロスをご提案させていただきました。お気に入りの絵画が映えるブルーを選定。お施主様もお気に入りです。


ここがPoint!奥の扉はかつてトイレの入り口でした。トイレ空間を2分して、ランドリースペースと、収納にしました。
同じ個所からの、リフォーム前とリフォーム後です。

ここがPoint!暖簾の先がトイレでした。空間もすっきりし、新しい扉とアクセントクロスも違和感なくなじみました。
棚を付けて使いやすい、ランドリースペース
かつてのトイレ空間です。洗面脱衣所にも近くなり、生活動線もよくなりました。

ここがPoint!可動式の棚を付けました。洗濯機上部のスペースも余すことなく利用できます。
既存を再利用し、トイレを玄関側に移動
以前リフォームをされてからまだ3年しか経っていなかったため、トイレの便器や手洗い器、扉も、まだ新しく使えるものはできるだけ既存を再利用しました。また、隣家との関係も意識しながら窓を新設しました。

ここがPoint!背面にはトイレットペーパーなどを収納できるスペースも造作。
大型テレビが置ける造作棚
トイレを移動することで、リビングが有効に使えるようになり、テレビを置くスペースを新たに計画、棚を造作させていただきました。

ここがPoint!「大型のテレビを置く予定がある」とうかがっておりましたので、耐荷重に気を配り、2段の棚板を取り付けました。

リフォームのきっかけ


施工前

3年前に他社で全面改築したところ、トイレがリビングと近くなってしまい位置を変えたい、とご要望いただきました。

建物種別 戸建て
築年数 (一部20~30年もあり)60年
リフォーム費用 税込170万円
工期 3週間

施工中の様子


施工中

新しいトイレに窓を作る様子です。筋交いもあったので注意しながら開けていきます。


施工中

外壁にも開口をつくり、外が見えるようになりました。


施工中

お隣のお住まいにも配慮しながら、新しい窓が完成しました。

お施主様より

※リフォーム後のアンケート葉書にて、このようなご感想をいただきました。
「細かなところまで気を配っていただいて、当初考えていたよりずっと素敵に仕上がりました。一緒になって親身になって考えてくださったところがよかったです。また職人さんたちもそろって気持ちのよい方々で、安心しておまかせできました。」

担当者の声

トイレを移動するために排水等の関係が心配でしたが、交換した洗濯機の排水がトイレに応用できたのでスムーズに工事を進めることができました。アクセントクロス、絵画、テレビ棚をバランスよく配置し、素敵な空間に仕上がりました。

ときわ台店の詳細はこちら

会社案内&実例BOOKプレゼント 本屋さんでは手に入らない「リフォームお役立ち資料」