リフォーム実例
子供の成長とともに、子供部屋をリニューアル。築11年の戸建てリフォーム実例です。子供部屋をリフォームして、より快適な暮らしを実現しました。リフォームのTAKEUCHIでは、この他にも多くのリフォーム・リノベーションを手がけています。

子供の成長とともに、子供部屋をリニューアル

ここがPoint!目線の正面の壁にアクセントクロス

コンセプト:色選びを楽しむ
3人のお子様それぞれのご希望をお聞きし、好みに合わせた内装提案をさせていただきました。はじめは雑誌などで気に入っているページを見せていただき、イメージを共有。
それを元に、お好きそうな色味や柄、素材のサンプルを集めていきました。
「フランス・プロヴァンス」「ニューヨークのロフトアパートメント」「シックなプリンセス」、それぞれの部屋ごと、イメージが固まるにつれ、テーマが決まりました。
色バランスとボリュームを綿密に考えました
部屋に入って正面が、特徴的な形の壁とロフトがありますので、そこに色柄物のアクセントクロスを貼ることを、おすすめさせていただきました。
奥の壁と、ロフトは異なる色で貼り分けをすることで、組み合わせが多様にでき、イメージテーマに合った部屋作りのポイントとなっています。
両サイドの壁は、明るさを重視し、白の塗り壁(シラス壁)で仕上げをしました。
仕上げ方も色々な塗り壁。
お嬢様にも相談し、今回はラフで仕上げました。
床も木質フロアタイルを使い、質感がありながら、白色でバランスを取りました。

リフォームのきっかけ


施工前

内装替えをしたい!とせがまれていた、お子様達の夢をかなえるため内装を一新しました

建物種別 戸建て
築年数 11年
工期 8日間

施工中の様子


施工中

仕上がりがきれいになるようよう下地を調整し、クロスを貼っていきます。

担当者の声

私たちもとても楽しく、わくわくしながらリフォームさせていただきました。お嬢様一人ひとりの好みの空間がイメージ通りに仕上がったと思います。お施主様からは「完成まで予想がつかず、ドキドキでしたが大成功です。今後もいろいろ挑戦してみようと思いました。」との感想をいただき、今後もお役に立てられれば、嬉しく思います。

杉並永福店の詳細はこちら